長く使っているとだんだんと動きが悪くなって使いづらくなるファスナー。
これは、パーツの摩耗や金属表面の酸化(サビ)や汚れの蓄積によって起こります。
固いまま無理に開けようとするとプルがちぎれてしまったりされた経験がある方も多いのではないでしょうか。
せっかく気に入っているのにファスナーが固いだけで使えなくなってしまうのはもったいないですよね。

そこで今回は、超簡単!に元のスムーズなファスナーに蘇らせる便利アイテムをご紹介します。

呉工業 5-56 無香性 ペンタイプ
https://www.kure.com/product/k1104/

あの有名なクレ5-56のペンタイプです。お値段も安くアマゾンなら300円台で購入できるようです。(2021/10 現在)

それでは早速使い方です。今回はラウンドファスナータイプの長財布を例にご説明します。

大分メッキが剥がれてサビも出始めていて結構動きが固くなっています。

まずはファスナーを最後まで閉めます。その状態で端からファスナー金具全体に丁寧にペン先で塗っていきます。
この際、横の布地部分に染みないように注意して下さい。

全て塗り終わったら、数回開閉をしてなじませます。この時点でおそらくかなり改善されているはずです。

その後、ファスナーを閉めた状態で、折りたたんだティッシュで丁寧に余分な油分をふき取ります。

次に、今度はファスナーを全て開いた状態で内側にも塗っていきます。ペン型なので問題なく塗れるでしょう。
コーナーなどの難しい部分は、ペン先のサイド部分をファスナーと平行にして塗ると楽に塗れます。
全体に塗り終わったら、前回と同じように数回開け閉めしてなじませた後ティッシュでふき取り、完了です。

さて、いかがでしょうか。ほぼ使用に支障がない程度まで改善されたと思います。
ファスナーがスムーズに動くと気持ちいいですよね。

ここまでやって改善されない場合、ファスナー金具自体の変形や破損、ズレなどが考えられます。
その場合は残念ながらこの方法では直りませんので、ファスナー交換などが必要になると思います。

今回はお財布でしたが、バッグやお洋服などのファスナーにも有効です。
ただ、油成分ですので、他の部分に付着しないようくれぐれも気を付けて下さいね。

やっぱりクレ5-56はすごい!