最近よく「金杯は買い取れますか?」というお問い合わせを頂く事があります。

金杯といえば、冠婚葬祭や退職の記念品などで頂いた方も多いのではないでしょうか。
断捨離や大掃除の際に出てきて、もし売れるのならというケースもあるかと思います。
金杯にも種類があり、お買取り出来るものと残念ながら出来ないものがあります。
簡単にご自身でチェックできる方法がありますので、是非参考にしてみて下さい。

【買取が出来る金杯】

・金で出来たもの

純金(K24) K18 K14などの金で出来た杯。
ほとんどの金製の杯には、底部分に「純金」「24K」「K18」などの刻印が打たれています。
造幣局の品位証明である日本国旗とホールマークが打たれているものもあります。
また、持った瞬間にグッとくる重量感が感じられるのも特徴です。

このような金杯は、基本的に買取出来ます。
サイズにもよりますが、金杯は重量がありますのでそれなりの買取金額が期待できます。

【買取が出来ない金杯】

・金メッキがされたもの

鉄や真鍮、アルミなどの杯に金メッキが施された物です。
これらにも杯の底に刻印がありますが、「24K GP」「24K GF」などとなっています。
「GP」とは、Gold Platedの略で、金メッキの意味です。
「GF」はGold Filledの略で、金張りの意味です。
手に持った際もそれ程重いといった感触はありません。

このような金杯は残念ながら買取は出来ません。(ゴメンナサイ!)

上記のチェックで比較的容易に判別が出来ますが、中には刻印が無い物や文字がつぶれて判読出来ない物などもあると思いますので、よくわからないという場合は是非当店までお持ち下さい。
査定料などは一切かかりませんのでお気軽にどうぞ!

以上、金杯についてでした。